犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。先天性の心臓の病気である「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)

生まれつき、右心房(うしんぼう)と左心房(さしんぼう)を隔ている壁に、穴がある病気です。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因先天的な要因

右心房と左心房を仕切っている壁を、「中隔(ちゅうかく)」といいます。
この中隔には、母体の中にいるときに卵円孔(らんえんこう)という穴があいていますが、通常は、生後に閉じます。
心房中隔欠損症は、この卵円孔という穴が、成長時まで残ってしまう病気です。

症状無症状

多くは、特に症状は見られません。
せきや呼吸困難が見られるケースもありますが、いずれの症状も軽度なので、治療をおこなう必要はありません。

治療法治療の必要はない

治療は、心臓以外の臓器に異常がない場合には、特に治療をおこなう必要はありません。
ただし、フィラリア症に感染してしまうと、寄生虫が卵円孔という穴から移動し、様々な問題を起こす恐れがあります。
心房中隔欠損症と診断された場合には、必ずフィラリア症の感染予防をおこなってください。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.