犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。血液の病気である「血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)

血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)

血液をかためる役割を担っているのが、「血小板(けっしょうばん)」ですが、この血小板の数が減少してしまうことによって、血が止まりにくくなってしまう病気です。
チェック血液循環の過程を詳しく見る

病気の原因自己免疫異常・薬の副作用

外界からの異物が体内に入ると、それを壊して体を守ろうとする機能を、「免疫システム」といいますが、この免疫システムの働きが、何らかの原因によって、外界からの異物ではなく、自分の体の組織に対して働いてしまう(自己免疫)ことがあります。
血小板減少症は、免疫システムが、血液中の血小板を攻撃して壊してしまうことが原因で起こります。
血小板は、出血した際に、血液をかたまらせて、出血を止める役割を担っていますが、血小板の数が減少してしまうと、出血しやすい、出血が止まらなくなるなどの症状が起こります。
自己免疫異常の他にも、抗生物質(こうきんやく)や抗がん剤、ワクチン接種などの薬による副作用や、感染症、貧血、腫瘍(しゅよう)などの原因によって、血小板の数が減少するケースもあります。

症状内出血・鼻血

初期症状としては、皮膚や口の中に小さな内出血や赤い腫れが見られます。
また、採血やけがなどによって出血した際に、血が止まりにくいために異常に気付くケースも多いです。
重度になると、突然、鼻血を出したり、血を吐いたりするケースもあります。
多量に出血すると命の危険があります。

治療法長期にわたる薬物治療

治療は、自己免疫の異常が原因である場合には、免疫抑制薬(めんえきよくせいやく)などを用いて、血小板の数を増やす治療をおこないますが、完治が難しく、治療にも長期間を要します。
薬による副作用が原因の場合には、薬を変えてもらうなど、獣医師とよく相談する必要があります。
何らかの病気が原因になっている場合には、その病気を治療することによって、症状は改善されます。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.