犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。心不全やフィラリア症、血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)など犬の循環器(心臓と血液)の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介
トップ>循環器(心臓と血液)の病気

犬の循環器(心臓と血液)の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の心臓の病気

先天的(生まれつき)な心臓の異常などの他にも、寄生虫が原因となり、心臓に異常が起こる場合があります。
心臓は、生命を維持している重要な臓器だけに、病気が悪化してしまうと、命を脅かす危険があります。
また、内臓などの病気が悪化すると、最終的に心臓の機能にも影響を及ぼします。

心臓の病気

チェック心不全(しんふぜん)
チェック僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
チェックフィラリア症

犬の先天性の心臓の病気

遺伝などの原因によって、先天的(生まれつき)に心臓に異常が見られるケースがあります。
多くは、子犬の時から症状が見られます。

先天性の心臓の病気

チェック寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)
チェック心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)
チェック動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)
チェック肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)

犬の血液の病気

全身の細胞に酸素や栄養を運ぶ役割を担っているのが血液です。
そのため、血液に何らかの異常が起きると、全身に影響を及ぼします。

血液の病気

チェック溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)
チェック血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)
チェック血液のがん

犬の心臓の構造について

心臓は、血液を循環させるポンプのような役割を担っています。
心臓は主に筋肉で構成され、筋肉を強く収縮させることで、心臓内の血液を全身へ押し出します。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

血液の循環の過程について

心臓によって押し出された血液は、心臓からつながっている大動脈を通り、全身に網の目のように張り巡らされた細い血管へと流れ、体の隅々まで送り届けられます。
チェック血液循環の過程を詳しく見る


チェック関連病気

皮膚の病気骨と関節の病気脳と神経の病気目の病気耳の病気歯と口腔の病気呼吸器の病気循環器の病気消化器の病気泌尿器の病気生殖器の病気ホルモン異常の病気感染症寄生虫病気中毒


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.