犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。心臓の病気である「フィラリア症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
フィラリア症について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>フィラリア症

フィラリア症【ワンちゃんの医学マニュアル】

フィラリア症

フィラリア(犬糸状虫【いぬしじょうちゅう】)という寄生虫が、心臓に寄生する病気です。
屋外で生活する犬の死因のトップを占めています。
予防薬ががあるので、感染予防が可能です。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因寄生虫の感染

フィラリアに感染した犬から蚊が血を吸い、まず蚊がフィラリアに感染し、その蚊が健康な犬から血を吸うときに、フィラリアを感染させます。
フィラリアはそうめん状の細い寄生虫で、心臓内に寄生します。
フィラリアの数が多いと、心臓内に充満した寄生虫のかたまりが、血液の流れを妨げるため、様々な症状があらわれます。
最終的には心不全になって、死亡します。

症状せき・腹水・呼吸困難

初期症状としては、散歩などの運動の際にせきが見られ、徐々にその程度が重くなります。
せき以外に注意しなければならい点は、腹部に水がたまる「腹水」です。
始めは太ったと感じる程度ですが、腹水が大量にたまると、明らかに異常がわかるほど、腹部がパンパンに膨れます。
病気が進行すると、食欲の低下、貧血(ひんけつ)、呼吸困難、運動を嫌がるなどの症状があらわれます。
多くの場合は、徐々に病気が進行しますが、突然激しい呼吸困難にみまわれ、「ゼーゼー」と苦しそうに呼吸し、元気がなくなるというような、病状が急激に悪化する急性タイプのケースもあります。
急性の症状があらわれた場合には、緊急手術が必要です。

治療法薬物治療・手術

治療は、寄生虫を駆除(くじょ)するために、駆虫薬(くちゅうやく)を用います。
ただし、寄生虫の死骸が血管を詰まらせるケースもあるため、投薬の量や方法には細心の注意をしなければなりません。
急性のケースでは、寄生虫を摘出(てきしゅつ)する手術が必要です。

病気予防予防薬の服用

予防策としては、病気の原因となる蚊が飛び始める期間中、月に1回予防薬を飲ませたり、半年間有効の薬を注射したりする方法があります。
なお、フィラリアに感染した後に薬を使用すると、副作用が出ることもあるので、薬を飲む前に、まずはフィラリアに感染しているかどうかを確認する必要があります。

フィラリア症

フィラリア症

フィラリアの多くは、右心室(うしんしつ)や肺動脈に寄生します。
大量のフィラリアによって、肺動脈弁(はいどうみゃくべん)の開閉も機能しなくなるため、血液の流れが悪くなります。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.