犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。先天性の心臓の病気である「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

生まれつき、肺動脈(はいどうみゃく)をつなぐ動脈管が閉じず、そのまま残ってしまう病気です。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因先天的な要因

母体にいるとき(胎子)には、「ボタロー管」とよばれる、大動脈と肺動脈をつなぐ動脈管がありますが、通常は、生後すぐに閉じます。
動脈管開存症は、このボタロー管が出生後も残ってしまうことです。
血液の一部が肺動脈に流れてしまうことによって、心臓に大きな負担がかかります。

症状呼吸困難・貧血

先天性の異常が軽度の場合には、5歳から6歳程度で症状があらわれます。
心臓機能の低下から、呼吸困難や貧血、元気がないなどの症状が見られます。
異常が重度な場合には、幼犬期(生後3か月から1歳)から症状が見られます。

治療法手術・薬物治療

治療は、病状によって、動脈管を閉じる手術をおこなう場合がありますが、完治しないケースもあります。
手術をおこなうとともに、強心薬(きょうしんやく)や利尿薬(りにょうやく)などを用いて、症状を改善させます。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.