犬の泌尿器の病気を紹介。膀胱(ぼうこう)の病気である「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
尿路結石症(にょうろけっせきしょう)について詳しく解説
トップ泌尿器の病気>尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

尿路結石症(にょうろけっせきしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

腎臓から尿道までの尿路に結石ができることによって、尿路が詰まる、痛みが生じるなどの症状があらわれる病気です。
チェック犬の泌尿器の構造を詳しく見る
チェック犬の腎臓の構造を詳しく見る

病気の原因感染症・水分の摂取不足・ミネラルの過剰摂取

尿中のミネラルとタンパク質がかたまってできたものが「結石」です。
結石ができる原因としては、尿路の感染症によって脱落した細胞が核となり、ミネラルと結合することが原因であったり、水分の摂取量が少ないことによって尿が濃縮し、タンパク質と結合しやすくなったり、食餌などによってミネラルを過剰に摂取することによってタンパク質と結合しやすくなるなどの原因が考えられます。

症状頻尿・血尿・激しい痛み

結石ができた場所によって症状は異なります。
結石が輸尿管(ゆにょうかん)や尿道にできた場合には、動くことによってそれぞれの器官の壁に傷をつけるため、激しい痛みが生じます。
激痛から、うずくまって動かなくなり、触ると嫌がって悲鳴をあげます。
その他にも、尿が出にくくなる、尿に血液がまじる(血尿)などの症状が見られます。
結石が腎臓内にできた場合(腎結石【じんけっせき】)には、特に目立った症状は見られません。
結石が膀胱(ぼうこう)にできた場合には、尿に血液がまじったり、何度も排尿姿勢をとるが尿がなかなか出ないなどの症状が見られます。

治療法手術

治療は、結石を摘出する手術以外に、治す方法はありません。
腎結石で、両方の腎臓に結石がある場合には、片方ずつ、一定期間をあけて手術をおこないます。

腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石

腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石

チェック腎結石(じんけっせき)
特に目立つ症状があらわれないため、飼い主も気づきにくいです。

チェック尿管結石(にょうかんけっせき)
結石が細い輸尿管にでき、激痛から触られることを嫌がります。

チェック膀胱結石(ぼうこうけっせき)
多くは膀胱炎とともに併発します。
尿を出が悪くなり、排尿の回数が増えます。
血尿が出るケースもあります。

チェック尿道結石(にょうどうけっせき)
尿の出が悪くなりる、または、少量しか出ないため、何度も排尿の姿勢をとるようになります。
痛みから触られることを嫌がります。


チェック関連病気

急性腎不全慢性腎不全尿毒症腎炎腎盂腎炎間質性腎炎水腎症ネフローゼ症候群膀胱炎尿路結石症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.