犬の泌尿器の病気を紹介。腎臓の病気である「急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)について詳しく解説
トップ泌尿器の病気>急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)

健康な状態の腎臓では、腎臓機能に十分な余力があり、三分の一の数のネフロンでも必要な機能を果たすことができますが、それでも十分に機能を果たせなくなった状態が腎不全です。
数時間から数日という短い期間で、急激に腎臓の機能が低下した状態が急性腎不全です。
チェック犬の泌尿器の構造を詳しく見る
チェック犬の腎臓の構造を詳しく見る

病気の原因腎臓の病気・尿管結石

急性腎炎ネフローゼ症候群など、腎臓の病気が原因によって、急激に腎臓の機能が低下します。
その他にも、尿管結石(にょうかんけっせき)を起こして尿が出なくなることが原因である場合もあります。

症状嘔吐・下痢・脱水症状

嘔吐(おうと)や下痢(げり)、脱水症状が見られます。
病気が進行すると、尿毒症(にょうどくしょう)に移行し、痙攣(けいれん)したり、昏睡状態(こんすいじょうたい)に陥ったりするケースもあります。

治療法輸液・栄養補給

治療は、体内のミネラルバランスが崩れていることが病気の原因なので、輸液(ゆえき)をおこなって、ミネラルバランスを整えます。
また、食欲が低下するので、栄養補給もおこないます。
重度の場合には、人工透析をおこなうケースもあります。
チェック人工透析とは、血液のろ過が充分に行えず、水分や老廃物のコントロールができなくなってしまった場合に、人工的に血液の浄化をおこなうことです。
主に、お腹の中に透析液を入れ、体内で血液を浄化させる「腹膜透析(ふくまくとうせき)」という方法を用います。


チェック関連病気

急性腎不全慢性腎不全尿毒症腎炎腎盂腎炎間質性腎炎水腎症ネフローゼ症候群膀胱炎尿路結石症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.