犬の消化器の病気を紹介。腎不全や腎炎など腎臓の病気や、膀胱炎など膀胱の病気など、犬の泌尿器の病気を詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の泌尿器(ひにょうき)の病気を紹介
トップ>泌尿器(ひにょうき)の病気

犬の泌尿器(ひにょうき)の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の腎臓(じんぞう)の病気

腎臓そのものに異常が起こる場合と、他の病気の影響によって、腎臓の機能が低下する場合があります。
いずれにしても、本来は腎臓でろ過して排泄されるはずの老廃物が体内に残り、毒素となって体内にまわってしまうため、命にかかわります。
なお、健康な状態の腎臓では、腎臓機能に十分な余力があり、三分の一の数のネフロンでも必要な機能を果たすことができます。
ネフロンとは?ネフロンとは、腎臓の主な働きである尿をつくる器官のことです。
ネフロンは、管状の構造になっていて、1個の腎臓に約40万個あります。

腎臓の病気

チェック急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)
チェック慢性腎不全(まんせいじんふぜん)
チェック尿毒症(にょうどくしょう)
チェック腎炎(じんえん)
チェック腎盂腎炎(じんうじんえん)
チェック間質性腎炎(かんしつせいじんえん)
チェック水腎症(すいじんしょう)
チェックネフローゼ症候群

犬の膀胱器(ぼうこう)の病気

犬は、お尻を直接地面につけることが多いため、尿路(にょうろ)が細菌などに感染しやすい傾向があります。
膀胱や尿道(にょうどう)は、細菌感染から守る防御システムを持っていますが、細菌の数が多かったり、犬の体力が低下している場合には、この防御システムが機能せず、感染症を起こしてしまいます。
特に、尿道が太くて短いメスは、細菌感染を起こしやすいので注意してください。

膀胱の病気

チェック膀胱炎(ぼうこうえん)
チェック尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

犬の泌尿器(ひにょうき)の構造について

泌尿器は、腎臓(じんぞう)、輸尿管(ゆにょうかん)、膀胱(ぼうこう)、尿道(にょうどう)から構成されています。
泌尿器は、血液をろ過し、体内で不要になった老廃物を尿の中に排出する役割や、体内の水分やミネラルなどのバランスを調整する役割を担っています。
チェック犬の泌尿器の構造を詳しく見る
チェック犬の腎臓の構造を詳しく見る


チェック関連病気

皮膚の病気骨と関節の病気脳と神経の病気目の病気耳の病気歯と口腔の病気呼吸器の病気循環器の病気消化器の病気泌尿器の病気生殖器の病気ホルモン異常の病気感染症寄生虫病気中毒


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.