犬の呼吸器の病気を紹介。胸腔(きょうくう)の病気である「横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)について詳しく解説
トップ呼吸器の病気胸腔の病気>横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)

横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)

臓器が入っている腹腔(ふくくう)と、胸腔(きょうくう)を隔てている膜を、「横隔膜」といいますが、この膜が事故などの衝撃で損傷することによって、腹腔から臓器がはみ出して肺を圧迫する病気です。
重度の場合には、命の危険があるため、早期治療が重要です。
チェック横隔膜の構造を詳しく見る

病気の原因外傷

主に、事故などの衝撃によって、横隔膜が破れたり、裂けたりするケースがほとんどです。
損傷した部分から、腹部の臓器が胸腔内(きょうくうない)に入り込み、臓器が肺を圧迫することによって呼吸困難になります。

症状呼吸困難

軽度の場合には、特に目立った症状は見られません。
ただし、事故などの後に、急激に呼吸困難の症状があらわれ、あえぐ、動けなくなるといった場合には、命の危険があります。

治療法手術

治療は、軽度であれば、放置しても問題のないケースもあります。
だたし、事故などの後に、急激に呼吸困難になった場合には、横隔膜をもとの状態に戻す緊急手術をおこなう必要があります。
なお、この手術には高いリスクをともないます。


チェック関連病気

鼻炎副鼻腔炎鼻腔の腫瘍軟口蓋過長症咽頭炎気管虚脱気管支炎気管支狭窄肺炎肺水腫気胸横隔膜ヘルニア


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.