犬の呼吸器の病気を紹介。咽頭(いんとう)の病気である「軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)について詳しく解説
トップ呼吸器の病気咽頭の病気>軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

上あごの天井部分(軟口蓋)が長いことによって、空気の通り道が狭くなり、様々な異常が起こる病気です。
特に、パグ、シー・ズー、ペキニーズ、ブルドッグなどの頭が短い犬種(短頭犬種)に多く見られます。
チェック犬の鼻の構造を詳しく見る
チェック犬の気管・気管支・肺の構造を詳しく見る

病気の原因空気の通り道が狭くなる

上あごの天井部分(軟口蓋)が長いと、のどの入り口に垂れ下がり、空気の通り道をふさいでしまい、呼吸に影響を受けます。
特に、パグ、シー・ズー、ペキニーズ、ブルドッグなどの頭が短い犬種(短頭犬種)は、顔の構造が平らなので、軟口蓋が圧迫され、垂れ下がりやすい傾向にあります。

症状呼吸障害・いびき

空気の通り道が狭いので、苦しそうに呼吸する、呼吸ができないなどの症状が見られます。
また、激しいいびきもします。

治療法手術

治療は、子犬の場合は、ある程度成長するまで、経過を観察しますが、特に重度の場合には、垂れ下がっている上あごの天井部分(軟口蓋)の一部を切除する手術をおこないます。


チェック関連病気

鼻炎副鼻腔炎鼻腔の腫瘍軟口蓋過長症咽頭炎気管虚脱気管支炎気管支狭窄肺炎肺水腫気胸横隔膜ヘルニア


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.