犬の呼吸器の病気を紹介。気管と気管支の病気である「気管虚脱(きかんきょだつ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
気管虚脱(きかんきょだつ)について詳しく解説
トップ呼吸器の病気気管と気管支の病気>気管虚脱(きかんきょだつ)

気管虚脱(きかんきょだつ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管がつぶれることによって、空気の出入りが悪くなり、呼吸困難になる病気です。
特に、小型犬や、頭が短い犬種(短頭犬種)に多く見られます。
チェック犬の気管・気管支・肺の構造を詳しく見る

病気の原因先天的要因・筋肉が衰える・肥満

気管は、軟骨で覆われていて、かんたんには潰れない構造になっています。
しかし、生まれつき軟骨の強度が弱かったり、気管周囲の筋肉が衰えたりすることによって、気管がつぶれてしまうことが原因です。
その他にも、肥満や加齢が原因になるケースもあります。
気管がつぶれ、空気が遮断されてしまうため、呼吸がしにくくなります。

症状呼吸障害・空ぜき

散歩などの運動をした際に、「ゼーゼー」と呼吸が荒くなります。
空ぜきが見られる場合もあります。
常に呼吸が苦しいので、落ち着きがなくなり、しきりに姿勢を変える行動が見られます。

治療法薬物治療・手術

治療は、せきを抑える薬や、気管を広げる薬を投与します。
ただし、効果は一時的なものなので、再発を繰り返します。
重度の場合には、手術をおこなうケースもありますが、完治は難しいといわれています。
夏の暑い日に症状が出やすいので、涼しい場所で安静に過ごさせる心がけが必要です。

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管虚脱(きかんきょだつ)

正常な気管は気管軟骨がローマ字のO型を保っています。
空気の通り道が確保され、スムーズに空気が出入りします。
それに対して気管虚脱は、先天的な異常などによって、輪状靱帯(りんじょうじんたい)が弾力を失ったり、気管軟骨がO形を保てなくなったりすると気管がつぶれ、空気の出入りが悪くなります。


チェック関連病気

鼻炎副鼻腔炎鼻腔の腫瘍軟口蓋過長症咽頭炎気管虚脱気管支炎気管支狭窄肺炎肺水腫気胸横隔膜ヘルニア


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.