犬の呼吸器の病気を紹介。肺の病気である「肺水腫(はいすいしゅ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
肺水腫(はいすいしゅ)について詳しく解説
トップ呼吸器の病気肺の病気>肺水腫(はいすいしゅ)

肺水腫(はいすいしゅ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

肺水腫(はいすいしゅ)

重い心臓病などを起こすことによって、肺に水がたまり、肺機能が低下する病気です。
急性の場合には、命にかかわる病気なので、早期治療が望まれます。
チェック肺の構造を詳しく見る

病気の原因心臓病・気管支周辺の炎症

特に多い原因は、心臓病を起こしているケースです。
心臓病が原因によって、肺への血液循環(けつえきじゅんかん)に異常が生じて、肺に水がたまります。
肺に水がたまると、肺胞(はいほう)が水分に邪魔されるため、酸素と炭酸ガスの入れ換えがうまくできなくなり、呼吸困難の症状があらわれます。
その他にも、気管支周辺の炎症や、刺激の強いガスを吸い込んだことなどが原因になるケースもあります。

症状せき・呼吸障害

初期症状としては、運動をした際の、軽いせきや呼吸障害です。
病気が進行すると、呼吸が荒くなり、呼吸障害の症状やせきがひどくなります。
さらに病気が進行すると、呼吸困難から、口をあけて呼吸をするようになり、呼吸を楽にするために、前足をつっぱった様な姿勢をします。

治療法薬物治療

治療は、利尿薬を用いて、肺にたまった水分を減らします。
症状に応じて、酸素吸入をおこなうこともあります。
心臓病が病気の原因になっている場合には、心臓病の治療をおこないます。


チェック関連病気

鼻炎副鼻腔炎鼻腔の腫瘍軟口蓋過長症咽頭炎気管虚脱気管支炎気管支狭窄肺炎肺水腫気胸横隔膜ヘルニア


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.