犬の歯と口腔の病気を紹介。歯の病気である「歯周病(ししゅうびょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
歯周病(ししゅうびょう)について詳しく解説
トップ歯と口腔の病気>歯周病(ししゅうびょう)

歯周病(ししゅうびょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

歯周病(ししゅうびょう)

歯肉(歯茎)、歯槽骨(しそうこつ)など歯の歯周組織を「歯周(ししゅう)」といいますが、この歯周(歯周組織)に炎症が起こる病気が歯周病(ししゅうびょう)です。
多くの犬が、一度はかかる病気です。
チェック犬の歯と口腔の構造を詳しく見る

病気の原因細菌の繁殖

歯の隙間などに入り込んだ食べかすに細菌が繁殖することによって、歯肉が腫れます。(歯肉炎)
病気が進行すると、歯と歯肉の間の溝が深くなり、「歯周ポケット」がつくられます。
この歯周ポケットに膿がたまると、強い口臭があらわれます。
さらに細菌の繁殖が進行すると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という組織まで破壊され、歯を支えきれなくなって、歯がぐらつきだします。

症状歯肉の腫れ・強い口臭

初期症状としては、歯肉(歯茎)の腫れや、歯茎が赤黒く変色するといった症状が見られ、やがて、歯の根元に膿がたまったり、口臭が強くなります。
歯のまわりから出血するケースもあります。
病気が進行すると、膿の量が増え、歯がぐらつきだします。
炎症が鼻腔に広がるケースもあり、この場合には、くちゃみや鼻水が出ます。
食餌に時間がかかるので、食欲がないかのように見えます。

治療法歯石除去・消毒

治療は、細菌の固まりである歯垢(しこう)が石灰化した歯石を除去するとともに、歯周ポケットにたまった膿を掃除します。
掃除後は、患部に抗生物質(抗菌薬)などを塗布・内服させ、細菌の繁殖を抑えます。

病気予防歯周マッサージの習慣化

子犬の時から、歯肉のマッサージを習慣化してください。
歯ブラシやガーゼなどを用いて、歯肉をよくマッサージすることによって、歯肉の血行が良くなるため、歯周病の予防になります。
最初は、嫌がる犬も多いので、子犬の時から慣れさせておきましょう!!

歯周病の進行過程

歯周病の進行過程
  1. 初期症状としては、歯垢が歯と歯肉の間に付着し、炎症が起こります。
    歯肉が腫れるとともに、歯肉と歯の間に溝(ポケット)ができます。
  2. 症状が進行すると、歯槽骨が溶けることによって、歯肉が縮み、歯肉と歯の間の溝(ポケット)が深くなります。
    ポケット)が深くなると、歯がぐらつくようになり、最後は抜け落ちます。

チェック関連病気

歯周病虫歯歯根膿瘍エナメル質の形成不全口内炎舌炎口唇炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.