犬の歯と口腔の病気を紹介。歯の病気である「歯根膿瘍(しこんのうよう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
歯根膿瘍(しこんのうよう)について詳しく解説
トップ歯と口腔の病気>歯根膿瘍(しこんのうよう)

歯根膿瘍(しこんのうよう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

歯根膿瘍(しこんのうよう)

歯の根元(歯髄)が細菌に感染し、膿がたまる病気です。
チェック犬の歯と口腔の構造を詳しく見る

病気の原因細菌感染

歯が折れる、他の歯の病気にかかるなどの原因によって、歯の中心にある歯髄(しずい)が細菌に感染して膿ます。
上あごの歯根に病巣ができた場合には、目の下が膿で腫れ、それが破裂すると、鼻から膿が流れ出る、出血するなどの症状が起こります。

症状激しい痛み・食欲の低下・口臭

激しい痛みが生じるため、食欲がなくなる、かたいものを噛まなくなるなどの症状が見られます。
その他にも、発熱、元気がなくなる、鼻から膿や血が出る、くしゃみをする、強い口臭、よだれの量が増えるなどの症状も見られます。

治療法抜歯

治療は、抜歯(歯を抜く)治療または、歯髄を切除し、切除部分を充填(じゅうてん)する治療がおこなわれます。


チェック関連病気

歯周病虫歯歯根膿瘍エナメル質の形成不全口内炎舌炎口唇炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.