犬の歯と口腔の病気を紹介。歯の病気である「虫歯(むしば)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
虫歯(むしば)について詳しく解説
トップ歯と口腔の病気>虫歯(むしば)

虫歯(むしば)【ワンちゃんの医学マニュアル】

虫歯(むしば)

犬は虫歯になる確率が低いといわれていましたが、昨今では、高齢になるにしたがって発症することがわかっています。
チェック犬の歯と口腔の構造を詳しく見る

病気の原因細菌の繁殖

食べかすが歯に残っていると、繁殖した細菌が「有機酸(ゆうきさん)」という物質をつくります。
この有機酸は歯のエナメル質を溶かしてしまう物質なので、放置すると歯の深部にまで浸透し、歯髄(しずい)まで損傷させてしまいます。

症状歯に穴があく・痛み・口臭

虫歯が多く見られる箇所は、歯肉(歯茎)の上や、上下の歯がかみ合う部分です。
虫歯部分をよく観察すると、歯に穴があいていたり、欠けたりしているのが見えます。
虫歯が進行すると、痛みが生じるため、食餌がしにくくなり、口臭も強くなります。

治療法虫歯部分の除去・抜歯

治療は、有機酸で損傷した部分を削り取り、削り取った部分を埋めて修復します。
虫歯を放置すると、抜歯(歯を抜く)しなければならないケースもあります。

病気予防歯磨きの習慣化

子犬の時から、口の中の手入れを習慣化してください。
また、獣医師による口腔のチェックを定期的に受けましょう!!


チェック関連病気

歯周病虫歯歯根膿瘍エナメル質の形成不全口内炎舌炎口唇炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.