犬の耳の病気を紹介。耳の病気である「内耳炎(ないじえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
内耳炎(ないじえん)について詳しく解説
トップ耳の病気>内耳炎(ないじえん)

内耳炎(ないじえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

内耳炎(ないじえん)

耳の奥にある内耳に炎症が起こる病気で、危険な病気の一つです。
重度の場合には、難聴(なんちょう)になったり、体のバランスがとれなくなって歩けなくなります。
チェック犬の耳の構造を詳しく見る

病気の原因神経が障害を受ける

聴覚(ちょうかく)に関する神経や、体のバランスを保つための「前庭神経(ぜんていしんけい)」がある内耳に、何らかの原因によって、炎症が起こると、これらの神経が障害を受けます。
障害されると、難聴や運動障害などの症状があらわれます。
内耳が炎症をおこす原因の多くは、原因不明です。

症状難聴・歩行困難

同じ場所で同じ方向にぐるぐる回ったり、病気を起こしている耳の方へ頭を傾けたりする行動が見られます。
重度の場合には、歩く、立つといった行動ができなくなり、転がってしまいます。
また、重度の難聴になるケースもあります。
周囲の音はもちろん、飼い主の声も聞こえずらくなっていくので、反応が鈍くなります。
難聴は徐々に進行するため、飼い主が気づかないケースもあります。

治療法薬物治療

治療は、前庭神経が障害を受けている場合には、副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)やビタミン剤を用いることによって、症状をやわらげます。
なお、難聴に対応する、効果的な治療方法はありません。


チェック関連病気

外耳炎中耳炎内耳炎耳血腫耳疥癬


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.