犬の関節の病気を紹介。関節の病気である「膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)について詳しく解説
トップ骨と関節の病気>膝の前十字靭帯断裂

膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)

加齢によって靱帯(じんたい)が弱くなったり、肥満によって膝に負担がかかりすぎたりすることで、膝関節(しつかんせつ)の靱帯が切れて運動に障害が起こる病気です。
特に、「ロットワイラー」、「ニューファンドランド」、「ブルドッグ」、「チャウチャウ」などに多く見られますが、肥満になった小型犬でもよくみられます。
チェック犬の骨と関節の構造を詳しく見る

病気の原因事故、加齢、肥満

事故などの外傷によって大きな力が加わった場合に、膝関節内で、大腿骨と脛骨を繋いでいる十文字に交差した靱帯のうち、前側の靱帯が切れてしまう病気です。
この靱帯は、加齢によって弱っていたり、肥満で膝に負担がかかることでも切れてしまいます。
また、すでに膝蓋骨(しつがいこつ)が脱臼している場合には、二次的に靱帯断裂が起きやすくなります。
その他にも、副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)を起こしている場合には、ホルモンの分泌異常によって靱帯がかたくなり、靱帯断裂が起こるケースもあります。

症状歩行障害

靱帯が切れてしまうと、足に体重がのせられなくなります。
突然、犬は足を上げたままか、少し地面につけるだけになります。
初期症状として痛みがみられますが、すぐに消えます。
しかし、しばらくするとまた痛むようになり、この状態を繰り返します。

治療法手術

治療は、病気を放置してしまうと、関節炎を起こしてしまいます。
症状が見られる場合には、早急に動物病院で診察を受けて、手術を受ける必要があります。
手術は、別の部位の腱(けん)を移植(再腱という)したり、人工靱帯を前十字靱帯に代用したりする方法でおこないます。

膝関節の構造

膝関節は、靱帯が大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)を繋いでいます。
チェック膝関節の構造を詳しく見る

痛みのサイン

犬は、痛みを感じた時に、人間にわかりやすい症状だけを見せるとは限りません。
見落としやすい痛みのサインを見逃さず、もし異常があるようであれば動物病院で診察を受けてください。
チェック犬の痛みのサイン


チェック関連病気

骨折膝蓋骨脱臼骨の腫瘍股関節脱臼股関節形成不全膝の前十字靭帯断裂関節炎レッグ・ペルテス病痛みのサイン


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.