犬の骨の病気を紹介。骨の病気である「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)について詳しく解説
トップ骨と関節の病気>膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

骨と骨との正常な位置が、関節の中でずれた状態が「脱臼(だっきゅう)」です。
脱臼の中でも、部分的にずれているだけの状態を「亜脱臼」といい、完全にずれている状態を「完全脱臼」といいます。
脱臼は遺伝的要因を原因とすることが多く、成長に伴って徐々に、痛みなどの症状があらわれます。
膝蓋骨脱臼は、俗に膝の「皿」とよばれる「膝蓋骨」が、ずれてしまう状態の脱臼です。
チェック犬の骨と関節の構造を詳しく見る

病気の原因外傷、遺伝

膝蓋骨は、滑車溝(かっしゃこう)という溝におさまっていて、滑車溝を滑ることで漆関節のスムーズな動きを補助しています。
この漆蓋骨が滑車溝から、足の内側または足の外側に外れてしまう状態が膝蓋骨脱臼です。
原因として多いのは、外傷の他、遺伝的な原因により滑車溝の溝が浅かったり、靱帯の位置がずれていたりすることなどです。

症状患部の腫れ、足を上げて歩く

病気が軽度の場合には、痛みはあらわれず、自然に治る場合もあります。
ただし、病気が重度な場合には、患部が腫れ、痛みもあらわれます。
四肢のなかのどれかが脱臼した場合、脱臼した足を地面につけることができなくなり、三本の足で立ったり歩いたりするようになります。
脱臼のしたときの状態によっては、膝から下が内側や外側に曲がるケースもあります。

治療法手術

治療は、ごく軽い亜脱臼であれば、経過観察で済む場合もありますが、多くは手術によって治療します。
滑車溝の溝を深くする手術や、関節を包んでいる関節包をゆるめる手術など、脱臼の状態によって手術方法は異なります。
遺伝的要因であれば、軽い脱臼であっても、重症化する前に手術を受けておきましょう!!

痛みのサイン

犬は、痛みを感じた時に、人間にわかりやすい症状だけを見せるとは限りません。
見落としやすい痛みのサインを見逃さず、もし異常があるようであれば動物病院で診察を受けてください。
チェック犬の痛みのサイン


チェック関連病気

骨折膝蓋骨脱臼股関節脱臼骨の腫瘍股関節形成不全膝の前十字靭帯断裂関節炎レッグ・ペルテス病痛みのサイン


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.