犬の関節の病気を紹介。関節の病気である「レッグ・ペルテス病」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
レッグ・ペルテス病について詳しく解説
トップ骨と関節の病気>レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテス病【ワンちゃんの医学マニュアル】

レッグ・ペルテス病

大腿骨頭(だいたいこつとう)への血流が不足し、骨頭が壊死してしまう病気です。
特に、生後一年以内の幼犬に多く見られます。
チェック犬の骨と関節の構造を詳しく見る

病気の原因特定されていない

ホルモン異常や栄養障害、遺伝など諸説あり、原因は特定されていませんが、大腿骨頭への血流が少なくなることによって、大腿骨頭が変形したり、壊死したりします。

症状歩行障害

痛みから、後足をひきずったり、地面に足をつけないように歩くなど、歩行障害が見られます。
片足に発症する場合がほとんどですが、両足に発症するケースもあります。
特に、小型犬の生後一年以内の幼犬に多く見られます。

治療法手術

治療は、初期段階であれば、半年程度の期間、運動を制限し、安静を保ちます。
痛みが強い場合には、痛みを抑える薬を用いることもあります。
病状が進行している場合には、手術によって壊死した大腿骨頭を切除する治療をおこないます。

痛みのサイン

犬は、痛みを感じた時に、人間にわかりやすい症状だけを見せるとは限りません。
見落としやすい痛みのサインを見逃さず、もし異常があるようであれば動物病院で診察を受けてください。
チェック犬の痛みのサイン


チェック関連病気

骨折膝蓋骨脱臼股関節脱臼骨の腫瘍股関節形成不全膝の前十字靭帯断裂関節炎レッグ・ペルテス病痛みのサイン


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.