犬の骨の病気を紹介。骨の病気である「骨折(こっせつ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
骨折(こっせつ)について詳しく解説
トップ骨と関節の病気>骨折(こっせつ)

骨折(こっせつ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

骨折(こっせつ)

骨の病気の中で、もっとも多くみられるのが骨折です。
特に、足の骨にひびが入ったり、完全に折れる骨折は、犬に多くみられます。
骨折すると、骨自体の損傷だけではなく、折れた骨が内臓や皮膚を傷つけ、重症化してしまう危険性もあるので注意が必要です。
チェック犬の骨と関節の構造を詳しく見る

病気の原因外傷、骨の異常

特に多い原因としては、交通事故や高所からの落下事故などによる外傷です。
体に強い力が加わることによって、骨折してしまいます。
その他にも、食餌やホルモンの異状によって骨が弱くなり、通常であれば骨折しないような衝撃で、骨が折れてしまうケースもあります。
なお、激しい訓練をする競技犬では、疲労骨折がよくみられます。

症状患部の腫れ、足の変形

骨には神経が通っています。
そのため、骨折すると激しい痛みが起こります。
四肢のなかのどれか一本が骨折した場合、骨折した足を地面につけることができなくなり、三本の足で立ったり歩いたりするようになります。
また、骨折した患部が腫れます。
これは、折れた骨が周囲の組織を損傷して内出血するためです。、
なお、折れた骨が皮膚を突き破っているなど重症の場合には、出血が多くなり、患部はあまり腫れません。
脊椎(せきつい)を骨折した場合には、歩行困難、神経麻痺、失禁など、神経障害があらわれるケースもあります。

治療法整骨、固定

治療は、折れた箇所を元の形に整えて、木片(副木)をあてて包帯を巻いたり、ギプスをしたりして患部周辺を固定します。
複雑骨折している場合には、手術によって骨を整骨するなど、症状に応じた方法で固定します。
完治に要する期間は、軽度な骨折であれば3か月から4か月、重度になると半年以上かかる場合もあります。

痛みのサイン

犬は、痛みを感じた時に、人間にわかりやすい症状だけを見せるとは限りません。
見落としやすい痛みのサインを見逃さず、もし異常があるようであれば動物病院で診察を受けてください。
チェック犬の痛みのサイン

事故を防止する工夫

チワワやポメラニアン、ミニチュア・ダックスフンドなどの骨の細い小型犬は、ソファーなど、それほど高くない場所から飛び降りただけで骨折してしまう場合があります。
日頃から、家具の上などの高い場所に上れないようにする工夫や、カーペットなどを敷いてすべりにくくする工夫をして、事故を未然に防ぎましょう!!

クル病・骨軟化症(こつなんかしょう)

発育途中で骨ができない「クル病」や、骨が軟化する「骨軟化症」は、栄養障害によって起こります。
生後数か月の幼犬に見られ、関節や四肢の変形、足をひきずるといった歩行障害などの症状が特徴です。
病気を起こしてしまうと、手術による骨の矯正や骨の固定が必要になり、かつ、長期間にわたって治療をおこなわなければなりません。
予防が重要なので、しっかりと栄養を与え、適度に日光欲をさせることが大切です。


チェック関連病気

骨折膝蓋骨脱臼股関節脱臼骨の腫瘍股関節形成不全膝の前十字靭帯断裂関節炎レッグ・ペルテス病痛みのサイン


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.