犬の関節の病気を紹介。関節の病気である「股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)について詳しく解説
トップ骨と関節の病気>股関節形成不全

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

遺伝的な原因によって、股関節を形成する骨が十分に発達しない病気です。
大腿骨頭が骨盤におさまらず、動作に異常があらわれます。
特に、「ジャーマン・シェパード・ドッグ」、「ラブラドール・レトリーバー」、「ゴールデン・レトリーバー」、「セント・バーナード」などの大型犬に多く見られます。
チェック犬の骨と関節の構造を詳しく見る

病気の原因遺伝的な原因

遺伝的な要因から、股関節を形成する骨の発達異常によって、骨盤側のくぼみが浅かったり、大腿骨が扁平になっていたりして、大腿骨頭が正常な場所におさまらず、股関節がうまく動きません。
成長するにしたがって、骨と筋肉の発達にアンバランスが生じて股関節が変形します。
症状は成長とともに徐々にあらわれます。

症状歩行障害、運動障害

幼犬時には特に異常はなく、成長とともに歩行の異状が見られるようになります。
生後4か月から6か月くらいから、腰が左右に揺れたり、後足を揃えて飛ぶようにして歩く、座れなくなるなどの歩行障害があらわれます。
また、徐々に運動を嫌がる、うまく立ち上がれなくなる、すぐに座り込むようになるなどの運動障害もあらわれます。
病状が進行すると、脱臼を起こすケースもあります。

治療法体重の管理、手術

治療は、症状が軽度の場合には、安静を心がけるとともに、体重を急激に増やさないように注意します。
痛みが伴うようであれば、薬を用いて症状を改善します。
症状が重度の場合には、大腿骨頭や骨盤の手術をします。
人工関節を入れるケースもあります。

痛みのサイン

犬は、痛みを感じた時に、人間にわかりやすい症状だけを見せるとは限りません。
見落としやすい痛みのサインを見逃さず、もし異常があるようであれば動物病院で診察を受けてください。
チェック犬の痛みのサイン


チェック関連病気

骨折膝蓋骨脱臼股関節脱臼骨の腫瘍股関節形成不全膝の前十字靭帯断裂関節炎レッグ・ペルテス病痛みのサイン


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.