犬の目の病気を紹介。涙器の病気である「流涙症(りゅうるいしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
流涙症(りゅうるいしょう)について詳しく解説
トップ目の病気>流涙症(りゅうるいしょう)

流涙症(りゅうるいしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

流涙症(りゅうるいしょう)

結膜炎(けつまくえん)角膜炎(かくまくえん)の影響から、涙や目やにの量が増え、目のまわりが汚れます。
再発しやすい病気なので、目のまわりを清潔に保つ心がけが必要です。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因結膜炎・角膜炎

涙は、上まぶたにある涙腺(るいせん)によってつくられ、目を潤わせた後、目頭にある涙点(るいてん)という穴に流れ込み、さらに涙小管(るいしょうかん)という管を通って鼻の先から排出されます。
涙があふれる理由は、結膜炎や角膜炎の影響によるケースと、結膜炎の影響で涙小管が詰まることによって、涙の排出量が減少するケースがあります。

症状涙があふれる

目やにとともに涙があふれるため、目のまわりや鼻のすぐわきの毛が汚れます。
湿疹(しっしん)が出た場合には、かゆみから目頭をこする行動が見られます。

治療法原因の病気を治療

治療は、原因となっている病気を治療します。
涙点や涙小管が詰まっている場合には、涙点や涙小管に細い管を通して洗浄します。
再発しやすいので、目のまわりを清潔に保つなどして、結膜炎の予防を心がけましょう!!


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.