犬の目の病気を紹介。眼球の病気である「緑内障(りょくないしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
緑内障(りょくないしょう)について詳しく解説
トップ目の病気>緑内障(りょくないしょう)

緑内障(りょくないしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

緑内障(りょくないしょう)

眼球内部の圧力が高まることによって、視神経が障害を受け、その結果、視力が狭くなる病気です。
失明する危険性もあるので、早期治療を心がけてください。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因眼房水の増加

前眼房(ぜんがんぼう)を満たしている「眼房水(がんぼうすい)」という液体が異常に増えることによって、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり、視神経を圧迫します。
眼房水の増加の原因は、眼房水の通り道が狭くなるからですが、この通り道が狭くなる原因は、他の目の病気による場合と、特定できない場合とがあります。

症状目の色が変わる

病気の初期段階では、特に目立つ症状はみられませんが、病気が進行すると、瞳孔が開いたままの状態になり、瞳が赤や緑色に見えるようになります。
さらに病気が進行すると、目が外に飛び出したような状態になります。
視野は極端に狭くなります。

治療法薬物治療・手術

治療は、眼圧を下げるために、眼房水の量を調整するための薬を用います。
場合によっては、眼房水の生成を抑えたり、眼房水の流れを良くしたりするための手術をおこなうケースもあります。


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.