犬の目の病気を紹介。結膜炎や白内障、チェリーアイなど犬の目の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の目の病気を紹介
トップ>目の病気

犬の目の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の結膜と角膜の病気

目の表面を覆っている膜のことを「角膜(かくまく)」といい、まぶたの裏を覆っている膜を「結膜(けつまく)」といいます。
角膜、結膜ともに、下界と接しているため、よく感染症などがおこります。
また、事故やけんかなどによって角膜にキズがついてしまう「角膜裂傷(かくまくれっしょう)」などの外傷も多くみられます。

結膜と角膜の病気

チェック結膜炎(けつまくえん)
チェック角膜炎(かくまくえん)

犬の眼球の病気

眼球に異常が生じると、視力障害が起こる可能性が高くなります。
早期発見できるように、日々の健康チェックや、動物病院での健康診断は欠かさずに!!

眼球の病気

チェック白内障(はくないしょう)
チェック緑内障(りょくないしょう)
チェックブドウ膜炎
チェック前眼房の出血(ぜんがんぼうのしゅっけつ)
チェック眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)

犬の眼瞼(がんけん)の病気

目の周辺にある眼瞼や涙器は、目を保護する役割を果たしています。
眼瞼や涙器に何らかの異常が起こると、目そのものにも影響を及ぼします。

眼瞼の病気

チェック眼瞼炎(がんけんえん)
チェック眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
チェック眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

犬の涙器(るいき)の病気

涙腺などから構成される涙器は、涙をつくったり、涙を分泌したりする役割を果たしています。
涙器に異常が生じると、涙の量が増えるなどの異常が起こります。

涙器の病気

チェックチェリーアイ
チェック流涙症(りゅうるいしょう)

犬の目の構造について

犬の目の構造は人間とほとんど同じですが、犬には第三眼瞼である「瞬膜(しゅんまく)」という独特の組織があります。
第三のまぶたと呼ばれる白い膜で、目頭の内部にあり、普段は外から見えません。
目は下界に露出しているため、異常が生じやすい部位です。
チェック犬の目の構造を詳しく見る


チェック関連病気

皮膚の病気骨と関節の病気脳と神経の病気目の病気耳の病気歯と口腔の病気呼吸器の病気循環器の病気消化器の病気泌尿器の病気生殖器の病気ホルモン異常の病気感染症寄生虫病気中毒


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.