犬の目の病気を紹介。眼瞼の病気である「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)について詳しく解説
トップ目の病気>眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

まぶたが内側に反ることによって、様々な症状が起こる病気です。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因先天的要因・老化

生まれつきであることや加齢による老化によって、下まぶたが内側に反る病気です。
まぶたとともに、まつげも目の内側に入り込み、結膜や角膜を刺激することによって、結膜炎(けつまくえん)角膜炎(かくまくえん)を引き起こす場合もあります。

症状目をこする・まぶたの痙攣 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

まつげが目にあたりやすくなるため、その刺激によって、角膜炎や結膜炎を起こします。
痛みやかゆみが生じるため、前足で目をこする、ものに顔をこすりつけるなど、しきりに目を気にする行動が見られます。
また、目が赤くになる、まぶたが痙攣(けいれん)する、目やにや涙の量が増えるといった症状も見られます。

治療法薬物治療・手術

治療は、刺激となっているまつげを抜くとともに、点眼薬(てんがんやく)を用いて、結膜炎や角膜炎の炎症を抑えます。
まつげの刺激が激しい場合には、まぶたの内反を矯正する手術をおこなうケースもあります。


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.