犬の目の病気を紹介。眼瞼の病気である「眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)について詳しく解説
トップ目の病気>眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)の逆で、下まぶたが外側に反ることによって、様々な症状が起こる病気です。
特に、ブルドック、コッカー・スパニエルなど、顔の皮膚がたるんでいる犬種に多くみられます。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因先天的要因・老化

ブルドック、コッカー・スパニエルなど、顔の皮膚がたるんでいる犬種には、生まれつきの外反が見られます。
その他にも、老化が原因による皮膚のたるみによって、下まぶたが垂れるケースもあります。

症状下まぶたが垂れる・目をこする 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

下まぶたが外側に反るため、まぶた内側のピンク色の皮膚が露出します。
結膜(けつまく)や角膜(かくまく)が露出するため、結膜炎角膜炎を引き起こしやすく、結膜炎や角膜炎を起こすと、前足で目をこする、ものに顔をこすりつけるなど、しきりに目を気にする行動が見られます。
また、目やにや涙の量が増えるといった症状も見られます。

治療法薬物治療・手術

治療は、外反によって慢性の結膜炎や角膜炎を起こしている場合には、点眼薬などを用いてこれを治療します。
軽度の眼瞼外反であれば、結膜炎が治るとともに治癒する場合もあります。
外反が重度の場合には、まぶたを引き上げる手術をおこなうケースもあります。


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.