犬の目の病気を紹介。眼球の病気である「眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)について詳しく解説
トップ目の病気>眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)

眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

眼球の脱出(がんきゅうのだっしゅつ)

眼球がまぶたより外に飛び出すことがあります。
特に、シー・ズーやパグなど、もともと眼球が出ている犬種に多く見られます。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因外傷

交通事故やけんかなどの外傷による原因がほとんどです。
シー・ズーやパグなど、眼球が脱出しやすい犬種では、ちょっとした衝撃であっても、眼球が脱出することがあるので注意が必要です。

症状目が飛び出す・腫れる

眼球が飛び出しても、眼球に損傷がなければ、出血は見られません。
炎症が起こるため腫れる程度です。
ただし、放置してしまうと、眼球の表面が乾燥したり、化膿したりすることによって、組織が壊死してしまいます。

治療法眼球をもとの位置に戻す

治療は、眼球に出血が見られず、瞳孔が縮んいる場合には、冷やしてむくみをとり、細心の注意をして眼球をもとの位置へ戻します。
眼球が腫れている場合には、まぶたの一部を切開して、眼球をもとに戻します。
軽度の場合では、視力が回復する見込みがありますが、視神経が傷ついているなど重度の場合では、障害が残ります。
眼球の損傷がひどい場合には、眼球を摘出するケースもあります。


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.