犬の目の病気を紹介。涙器の病気である「チェリーアイ」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
チェリーアイについて詳しく解説
トップ目の病気>チェリーアイ

チェリーアイ【ワンちゃんの医学マニュアル】

チェリーアイ

犬特有の組織である「第三眼瞼腺(だいさんがんけんせん)」が飛び出る病気です。
特に、ビーグル、コッカー・スパニエル、ペキニーズなどに多く見られます。
チェック犬の目の構造を詳しく見る

病気の原因先天的要因

犬特有の組織である「第三眼瞼(瞬膜)」の裏側に、涙腺の一つ「第三眼瞼腺」があり、通常、第三眼瞼と第三眼瞼腺はつながっています。
しかし、この結合が不完全であったり、生まれつき結合組織がなかったりすることによって、第三眼瞼腺が飛び出してしまいます。
炎症が起こるとともに腫れも見られるので、赤い玉が飛び出しているように見えます。

症状目頭に丸いかたまりが出る チェリーアイ

目頭に、サクランボのような赤い玉のようなものが飛び出してきます。
この赤いかたまりが大きくなると、結膜や角膜を刺激したり、犬が気にしてこすったりするので、結膜炎(けつまくえん)角膜炎(かくまくえん)を併発するケースもあります。
なお、チェリーアイは片目だけではなく、両目に起こる場合もあります。

治療法手術

治療は、局所麻酔を打って、飛び出た第三眼瞼腺をもとに位置に押し戻す治療をおこないますが、多くは再発してしまいます。
症状が重度の場合には、飛び出た部分を切除したり、第三眼瞼の奥につなぐ手術をおこなったりするケースもあります。


チェック関連病気

結膜炎角膜炎白内障緑内障ブドウ膜炎前眼房の出血眼球の脱出眼瞼炎眼瞼内反症眼瞼外反症チェリーアイ流涙症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.