犬の脳の病気を紹介。脳の病気である「てんかん」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
てんかんについて詳しく解説
トップ脳と神経の病気>てんかん

てんかん【ワンちゃんの医学マニュアル】

てんかん

口から泡をふいて痙攣するてんかん発作は、動物の中でも、特に犬によくみられる病気です。
チェック犬の脳の構造を詳しく見る

病気の原因脳の病気・全身性の病気

大脳の中の前脳という部分の神経細胞に、脳波の異状が起こった時に、発作が起こります。
脳波が異常となる原因は、「脳腫瘍(のうしゅよう)」、「脳の奇形」、「脳の損傷」など脳自体が病気であるほかに、肝臓や腎臓の病気、低血糖(ていけっとう)、低酸素、ミネラルバランスの乱れなど全身性の病気が考えられます。
また、ストレス、天候などが発作の引き金になるケースもあります。
原因不明な場合には、遺伝的な要因であると考えられています。

症状四肢の硬直・泡をふく

急に四肢を硬直させ倒れます。
かすかに体をふるわせ、口から泡をふいて意識を失います。
意識を失っている間に、失禁するケースもあります。
発作の時間は、通常であれば30秒以内でおさまりますが、硬直が続く場合には、命の危険があります。
発作がおさまると、普段と変わらない状態に戻ります。

治療法抗てんかん薬を服用

治療は、何らかの病気が原因となっている場合には、その病気の治療を優先します。
病気が原因でない場合には、抗てんかん薬を服用させます。
どのような時に発作が起きるのかが治療のポイントとなるので、「どんな時に発作が起こりやすいか」、「発作時の状況や様子」など発作時の状況を観察することが重要です。
発作の原因を特定することができれば、予防が可能な場合もあります。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.