犬の脳の病気を紹介。脳の病気である「水頭症(すいとうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
水頭症(すいとうしょう)について詳しく解説
トップ脳と神経の病気>水頭症(すいとうしょう)

水頭症(すいとうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

水頭症(すいとうしょう)

脊髄液という透明な液体によって、脳が圧迫され、動きや感覚などが鈍るなどの神経症状があらわれる病気です。
チェック犬の脳の構造を詳しく見る

病気の原因脊髄液が異常に増える

頭蓋骨(ずがいこつ)の内部には、脳室という隙間があって、この脳室は、脊髄液という透明な液体で満たされています。
この脊髄液が何らかの理由により増えてしまい、脳室が大きくなって脳を圧迫し、さまざまな症状が起こる病気です。
脊髄液が増える理由としては、その多くが先天的(生まれつき)な要因があると考えられています。

症状認知症・行動異常・視覚障害など

脳のどの部分が圧迫されているかによって、あらわれる症状は大きく異なります。
認知症、行動異常、視力障害、眼球が動く、過食など症状はさまざまです。
たとえば、脳の表面にある大脳皮質(だいのうひしつ)が圧迫されている場合には、「感覚が鈍くなる」、「麻痺する」などの症状があらわれます。
あらわれる症状は、圧迫箇所や犬によってさまざまです。

治療法圧力を下げる

治療は、副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)や利尿薬(りにょうやく)を用いて、脊髄液を減らし、脳にかかる圧力を下げます。
ただし、薬の効果は一時的なので、多くは再発します。
手術による治療もできますが、完治が難しい病気です。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.