犬の神経の病気を紹介。神経の病気である「頸椎すべり症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
頸椎すべり症について詳しく解説
トップ脳と神経の病気>頸椎すべり症

頸椎すべり症【ワンちゃんの医学マニュアル】

頸椎すべり症

首の骨を通っている脊髄(せきずい)が圧迫されることによって、歩行障害などの症状が起こります。
特に、ドーベルマンなどの首が長く、頭が大きい犬種によくみられます。
別名「ウォーブラー症候群」とも呼ばれています。
チェック犬の椎間板の構造を詳しく見る

病気の原因首の神経が圧迫される

脊椎(せきつい)の骨が不安定になっていることや、椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)などの要因が重なって、脊髄が圧迫されることによって神経障害が起こります。

症状歩行障害

首に痛みが生じるために、首を動かさず、頭を真っ直ぐにした姿勢になります。
病状が進むと、足をひきずって歩くなどの歩行障害が起こります。

治療法薬物治療・手術

治療は、病気を根本的に治すには、脊髄の圧迫を緩和する手術が必要です。
薬を用いて炎症を抑えることができますが、根治は困難です。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.