犬の神経の病気を紹介。神経の病気である「椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)について詳しく解説
トップ脳と神経の病気>椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

背骨にある脊髄神経(せきずいしんけい)が圧迫され、足などが麻痺(まひ)したり、痛んだりする病気です。
特に、ダックスフンドなどの短足の犬種、シー・ズーやパグなど肥満になりやすい犬種、体重が重い大型犬などによくみられます。
チェック犬の椎間板の構造を詳しく見る

病気の原因脊髄を圧迫する

背骨は椎骨(ついこつ)という骨が積み重なって構成されています。
椎間板は、椎骨と椎骨の間にある軟骨のことで、椎骨間のクッションの役割を担っています。
この椎間板の異状によって脊髄神経を圧迫します。
椎間板ヘルニアには二つのタイプがあり、椎間板の中心にある髄核(ずいかく)が外に飛び出して脊髄神経を圧迫する「軟骨様異形成(なんこつよういけいせい)」と、髄核のまわりの繊維輪(せんいりん)が盛り上がって脊髄神経を圧迫する「線維様異形成(せんいよういけいせい)」があります。
脊髄の異状は、激しい運動をすることよって背骨に強い圧力がかかったり、老化によって骨が弱くなることなどが原因です。

症状歩行障害・痛み

足の神経が麻痺することによって、足がもつれる、歩くことができないなどの歩行障害が見られます。
麻痺が起こるのは、後足だけの場合もあれば、前足だけ、片足だけなど様々です。
また痛みも生じるので、触られるのを嫌がります。

治療法薬・手術

治療は、抗炎症薬を用いて症状をやわらげる治療をおこないます。
病気が重度の場合には、圧迫部分を開放する手術をおこないます。

病気予防激しい運動を控える

ダックスフンドのように短足の犬種は、背骨への負担が大きいので、特にヘルニア(軟骨様異形成)を起こしやすいです。
激しい運動や、無理に首をひっぱるような運動は極力避ける心がけを!!

軟骨様異形成(なんこつよういけいせい)

軟骨様異形成(椎間板ヘルニア)

髄核が線維輪から脱出し、脊髄神経を圧迫します。
特に、ダックスフンドなどの短足の犬種によくみられます。
若い犬にも見られます。

線維様異形成(せんいよういけいせい)

線維様異形成(椎間板ヘルニア)

線維輪が盛り上がって脊髄神経を圧迫します。
特に、加齢に伴って起こりやすく、すべての犬種に見られます。

ヘルニア犬用のコルセット

ヘルニア犬用のコルセット

椎間板ヘルニアの治療には、脊髄の固定が重要ですが、犬を安静にすることが難しいため、その多くが犬用のコルセットを用います。
獣医師がサイズを測るオーダーメイドは、体にフィットすることはもちろん、背骨への負担が大幅に軽減されます。
病状の進行や痛みを抑えることができるので、普段通りの生活を送ることができます。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.