犬の神経の病気を紹介。神経の病気である「変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)について詳しく解説
トップ脳と神経の病気>変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

変形した脊椎が、脊髄神経を圧迫することによって、痛みや神経症状があらわれる病気です。
チェック犬の椎間板の構造を詳しく見る

病気の原因変形した脊椎が脊髄を圧迫する 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

背骨を構成している椎骨(ついこつ)の下の部分である椎体(ついたい)が、老化などの原因によって変形します。
具体的には、正常の位置より飛び出した部分ができたり、飛び出した部分が隣の椎体まで伸びて、椎体同士がつながったりします。
この変形した椎体が、脊髄神経(せきずいしんけい)を圧迫することによって、痛みや神経症状があらわれます。

症状歩行障害・痛み

強い痛みや、神経症状があらわれます。
腰痛が起き、触ったり抱いたりすると、非常に嫌がります。
歩行障害も見られます。
特に症状があらわれないケースもあります。

治療法薬・手術

治療は、炎症を抑える薬を用いて、症状をやわらげます。
病気が重傷の場合には、脊髄神経の圧迫を緩和する手術をおこなって治療します。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.