犬の皮膚の病気を紹介。細菌による皮膚の病気である「皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)について詳しく解説
トップ皮膚の病気寄生虫・細菌・カビによる皮膚の病気>皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

白癬(はくせん)などの真菌(カビ)が原因で起こる皮膚病です。
人間にも感染します。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因犬や猫からカビの一種に感染

人間が感染する「水虫」の原因である「白癬菌(はくせんきん)」の同種である、犬小胞子菌(いぬしょうほうしきん)や「石膏状小胞子菌(せっこうじょうしょうほうしきん)」などの真菌に感染して、皮膚炎を起こします。
主に、感染した犬や猫から感染し、子犬時や毛のはえかわる時期に発症することが多いです。
真菌は人間にも感染し、感染した場合には、タムシのような皮膚炎を起こします。

症状円形脱毛、かさぶた

感染した部位に、円形の脱毛が見られます。
脱毛部には、フケのようなかさぶたができます。
病気が進行すると、徐々に脱毛が広がりますが、かゆみはほとんどありません。
感染しやすい部位は、顔や目のまわり、耳、皮膚のやわらかい部分などです。
数か月で自然治癒しますが、カビが死滅したわけではないので、他の犬や猫に接触すると感染させてしまいます。

治療法被毛の刈り取り、抗生物質の塗布

治療は、病気の原因となっているカビは、症状が見られる部分だけではなく、周囲に広がって感染源となる胞子をまき散らしています。
そのため、まずは全身の被毛を刈り取って、体全体の治療をおこないます。
カビを殺す薬による薬欲をおこなった後に、真菌を殺す薬を塗布・内服します。
症状がおさまっても、獣医師の指示に従って、治療を根気よく続けてください。
完治には2週間から3週間程度かかります。
おな、同居している犬や猫がいる場合には、感染の有無を確認する必要があります。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.