犬の皮膚の病気を紹介。細菌による皮膚の病気である「膿皮症(のうひしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
膿皮症(のうひしょう)について詳しく解説
トップ皮膚の病気寄生虫・細菌・カビによる皮膚の病気>膿皮症

膿皮症(のうひしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

膿皮症(のうひしょう)

皮膚にいる常在菌が異常に繁殖する皮膚病です。
犬には大変多くみられる病気です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因細菌の異常繁殖

犬の皮膚には、普段から多くの細菌が付着していますが、病気などで体が弱ったり、慢性の皮膚病や加齢などで抵抗力が低下すると、この細菌が異常繁殖して皮膚が化膿します。
通常は、黄色ブドウ球菌が繁殖しますが、進行した場合には、緑膿菌(りょくのうきん)などの悪性度の高い細菌が繁殖するケースもあります。

症状赤い発疹・激しいかゆみ

初期症状は、皮膚の表面に赤い発疹が見られる程度ですが、この発疹が徐々に広がり、発疹の中心が真っ黒になります。
激しいかゆみから、体をかいたり、引っかいたりすることによって、脱毛も見られます。
病気が進行すると、皮膚が膿んで、悪臭や痛み、発熱が見られます。

治療法抗生物質を塗布する

治療は、犬用のシャンプーで皮膚をよく洗った後に、抗生物質(抗菌薬)を内服または、塗布します。
もともと皮膚病を起こしていて、その原因によって二次的に膿皮症を発症した場合には、原因になっている病気の治療をおこないます。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.