犬の皮膚の病気を紹介。寄生虫による皮膚の病気である「ノミアレルギー性皮膚炎」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ノミアレルギー性皮膚炎について詳しく解説
トップ皮膚の病気寄生虫・細菌・カビによる皮膚の病気>ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎【ワンちゃんの医学マニュアル】

ノミアレルギー性皮膚炎

体に寄生したノミでアレルギー反応が起こり、皮膚に炎症が起こる病気です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因ノミが出す唾液にアレルギー反応を起こす

犬に寄生したノミは、犬の血液を吸うときに唾液を出します。
この唾液に対して、アレルギー反応が起こります。
寄生するノミのほとんどは、体長1ミリから2ミリの「ネコノミ」と呼ばれるノミです。

症状しきりに体をかく・発疹

赤い発疹や脱毛の症状が見られます。
ノミの寄生数が多い場合には、激しいかゆみが起こるために、足でしきりに体をかく行動が見られます。
特に、耳の後ろから背中、腰にかけて症状があらわれます。
また、尻尾や外陰部、肛門のまわりなどに症状が見られるケースもあります。

治療法ノミを駆除する

治療は、アレルギーの原因になっているノミを駆除します。
皮膚に駆虫薬を垂らす滴下剤や、噴霧するスプレー剤、ノミ取り首輪などの薬剤を用います。
その他予防対策として、生活スペースの中でノミの卵や幼生がつきやすい場所(畳、じゅうたん、ぬいぐるみ、タオルなど)をこまめに掃除して、ノミが繁殖しないようにします。
なお、ノミは、皮膚炎を起こすだけでなく、寄生虫の感染源になったり、人間を刺したりします。
繁殖しないように予防を心がけましょう!!

ノミの予防薬

ノミの予防薬

犬の首に垂らす滴下剤は、ノミの駆除だけではなく、繁殖を抑制する効果もあります。
ノミが繁殖する春から秋にかけて、1か月に1回程度滴下して、ノミの寄生を予防しましょう!!
なお、滴下剤は市販されています。
気になることがあれば、獣医師に相談してください。
※マダニの予防を兼ねた薬も市販されています。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.