犬の皮膚の病気を紹介。ホルモンの異状による皮膚の病気である「内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)について詳しく解説
トップ皮膚の病気ホルモンの異状による皮膚の病気>内分泌性皮膚炎

内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)

体内で分泌されるホルモンの分泌量の異状によって、脱毛などの症状が起こる病気です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因ホルモンの分泌量の異常

被毛が周期的に抜けかわるのは、毛の成長にかかわる毛包が周期的に活発になったり、休止したりするためです。
ホルモンの分泌量が増えたり減ったりすると、この毛包が休止状態のままになるため、毛が抜けやすくなります。
たとえば、甲状腺ホルモンの分泌量が減る、副腎皮質のホルモンの分泌量が増える、性ホルモンの分泌量が多すぎる(少なすぎる)、成長ホルモンの分泌量が減るなどの症状が起きた時に皮膚炎になります。
多く見られるのは、甲状腺ホルモンの異状と、副腎皮質ホルモンの異状です。

症状脱毛

春や秋の毛の抜けかわる時期でもないのに、毛が抜けたり、抜けやすくなります。
地肌が見えるほど激しい脱毛が見られるケースもあります。
どのホルモンの分泌異常かによって、脱毛する部位は異なりますが、たとえば、性ホルモンの分泌異常であれば、生殖器や肛門周辺の脱毛がみられます。
副腎皮質ホルモンや成長ホルモンの異状であれば、頭部や四肢の毛は抜けず、胴体から脱毛します。
かゆみはみられません。
脱毛が体に対して左右対称に見られるなど、特徴的な抜け方をしている場合には、ホルモン異状による病気を疑う必要があります。
なお、脱毛の他にも、尿の量が増える、動作が低調(不活発)になるなど、皮膚以外にも症状があらわれます。

治療法ホルモン薬の投与

治療は、分泌の異状が疑われるホルモンを補充したり、ホルモンの働きを抑える薬を投与します。
治療の効果があらわれるまで、数か月はかかります。
ホルモン薬は副作用があるので、犬の状態をよく確認しながら、注意深く根気よく治療を続けます。

体の左右対称に脱毛する病気

犬の体に対して左右対称に脱毛している場合には、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」や、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなる「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」が考えられます。
チェック甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
チェック甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)
チェック副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.