犬の皮膚の病気を紹介。寄生虫による皮膚の病気である「マダニの寄生」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
マダニの寄生について詳しく解説
トップ皮膚の病気寄生虫・細菌・カビによる皮膚の病気>マダニの寄生

マダニの寄生【ワンちゃんの医学マニュアル】

マダニの寄生

マダニに寄生されると、血液を吸われるだけでなく、病原菌をうつされるケースもあります。
特に、散歩などで野山や芝生などによく入る犬は注意が必要です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因草木の多い場所で寄生される

動物の血液を唯一の栄養源にしている、体長3ミリから4ミリほどの寄生虫です。
動物の血を十分に吸血すると、地上におりてメスは卵を産みます。
草木の多い場所や、芝生、道路沿いの植え込みなどで寄生されることが多いです。

症状かゆみ

マダニは、寄生して吸血すると、通常の3倍以上の小豆大程度の大きさに膨らみます。
膨らんでいるときは、肉眼でも確認できます。
目のまわりや耳のつけ根、肩、前足などによく寄生し、皮膚に食い込むようにして吸血します。
小豆のような虫が皮膚に食い込んでいるようであれば、マダニの寄生が疑われます。
寄生した患部はかゆみを伴い、足指の間に寄生した場合には、足を引きずって歩くこともあります。

治療法頭部も一緒に除去

治療は、寄生数が少なければ、専用のピンセットでマダニを引き抜きます。
マダニを引き抜く際に注意しなければならないのは、マダニをつぶしてはいけないということです。
マダニに血を吸われること自体に特に問題ありません。
ただし、地域によっては、マダニが「バベシア」という原虫などの病原菌を媒介することがあり、マダニをつぶしてしますと、これらの病原菌が体外に出て、犬に感染する危険性があります。
また、皮膚内にマダニの頭が食い込んでいるので、マダニの頭が残らないよう、マダニの口元を根元からつまんで、真っ直ぐに引き抜くのがコツです。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.