犬の皮膚の病気を紹介。寄生虫による皮膚の病気である「疥癬症(かいせんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
疥癬症について詳しく解説
トップ皮膚の病気寄生虫・細菌・カビによる皮膚の病気>疥癬症

疥癬症【ワンちゃんの医学マニュアル】

疥癬症(かいせんしょう)

表皮の下にトンネルを掘って寄生する、「ヒゼンダニ」に感染することによって起こる皮膚病です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因犬やねこから感染

ヒゼンダニ(疥癬「かいせん」)に感染した犬や猫と接触することによって、感染します。
丸い形をしたダニで、犬の体につくと、皮膚の下にトンネル状の穴をあけて、その穴にもぐりこんで寄生します。
メスはこの穴に卵を産み、孵化した幼虫は、この穴から皮膚表面に向かって穴を掘ります。

症状激しいかゆみ

主に、耳や目のまわり、顔、ひじなど、比較的被毛の少ない部分が赤くなり、激しいかゆみが生じます。
かゆいので、体を引っかいたり、噛んだりして、皮膚を傷つけることから、皮膚が荒れて、フケも出ます。
症状が進行すると、脱毛が全身に広がります。

治療法駆虫薬で駆除

治療は、ダニを殺す作用のある抗生物質を内服させたり、外用薬を用いて、繁殖したダニを殺す治療をおこないます。
ダニを完全に殺さないと、再発を繰り返すので、ダニが完全に死滅するまで、根気よく治療を続けます。

人間に感染するダニ

人間に感染するダニ

ワンちゃんの皮膚病の原因となる寄生虫の中には、人間にも感染するものがあります。
代表的な寄生虫は、ヒゼンダニやツメダニなどです。
犬が感染した場合には、飼い主にも感染する危険があるので、早めに獣医師に相談することが大切です。
すでに、飼い主にも、湿疹やかゆみなどの自覚症状がある場合には、早急に皮膚科で治療を受けてください。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.