犬の皮膚の病気を紹介。ホルモンの異状による犬の皮膚の病気について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ホルモンの異状による犬の皮膚の病気について詳しく解説
トップ皮膚の病気>ホルモンの異状による皮膚の病気

ホルモンの異状による犬の皮膚の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

ホルモンの異状による皮膚の病気

体内にある臓器や器官の働きを調整している物質を、「ホルモン」といいます。
ホルモンには多くの種類があり、それぞれがお互いに作用しあうことで、体内の調整機能として働いています。
皮膚や被毛の代謝にも、ホルモンが関係しています。
そのため、ホルモンの分泌量に異常が起きると、皮膚や被毛にも異常が起こり、脱毛や皮膚炎などの症状が見られます。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)

体内で分泌されるホルモン分泌量の異状によって、脱毛などの症状が起こる病気です。
チェック内分泌性皮膚炎(ないぶんぴせいひふえん)

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。
足以外の部分(首、腹部、わき腹、背中)の毛が左右対称に抜けます。
チェック甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気です。
四肢を中心として、全身の毛が左右対称に抜けます。
チェック甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)

副腎から分泌されるホルモン(糖質コルチコイド)が過剰に分泌される病気です。
頭と足以外の毛が左右対称に抜けます。
チェック副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.