犬の皮膚の病気を紹介。アレルギーによる犬の皮膚の病気について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
アレルギーによる犬の皮膚の病気について詳しく解説
トップ皮膚の病気>アレルギーによる皮膚の病気

アレルギーによる犬の皮膚の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

アレルギーによる皮膚の病気

動物の体内には、免疫という体の防御システムがあります。
外敵である、細菌やウイルスなどが体内に侵入すると、それに対抗して抗体をつくり、外敵が再び侵入すると、攻撃して排除する働きをしています。
この免疫システムが、通常は異物とは認識しない、ほこりやダニ、花粉などに対して、過剰に反応することによって、アレルギーが起こります。
アレルギーの侵入経路は、「呼吸とともに吸い込む」、「食餌とともに口に入る」、「触れる」などが考えられますが、体内に入ると、免疫反応が起こり、その結果として様々な症状があらわれます。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

アトピー性皮膚炎

呼吸などによって、アレルゲンを吸い込むことで皮膚炎を起こす病気です。
チェックアトピー性皮膚炎

接触性アレルギー

アレルゲンに触れることによって皮膚炎を起こす病気です。
チェック接触性アレルギー

食物性アレルギー

牛乳や肉など、アレルゲンを口にすることで皮膚炎を起こします。
皮膚炎以外にも、下痢や嘔吐などの症状を伴うこともあります。
チェック食物性アレルギー

アレルギーテストについて

アレルギーを起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。
どの物質が原因でアレルギーを起こしているのかは、犬によって異なるので、アレルギーの原因を特定するには、アレルギーテストをおこなってください。
皮膚に、様々なアレルゲンを少量付着させて反応を見たり、特殊な血液検査などで調べます。

身近にあるアレルゲン

  • 花粉、カビ、人間のフケ、たばこの煙、ダニの糞、ほこり
  • 牛乳、卵、大豆
  • 革製の首輪、シャンプー、プラスチック
  • 経口薬、注射薬など

チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.