犬の皮膚の病気を紹介。アレルギーによる皮膚の病気である「アトピー性皮膚炎」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
アトピー性皮膚炎について詳しく解説
トップ皮膚の病気アレルギーによる皮膚の病気>アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎【ワンちゃんの医学マニュアル】

アトピー性皮膚炎

アレルゲンを吸い込むことによって皮膚炎を起こす病気です。
チェック犬の皮膚の構造を詳しく見る

病気の原因ほこりやダニ、花粉などの吸引

アレルゲン(ほこり、花粉、ダニなど)を口や鼻から吸い込むと、体内で免疫グロブリンという物質がつくられます。
この免疫グロブリンは、皮膚と反応すると、炎症を起こす物質を大量につくるために、皮膚に症状があらわれます。
なお、アトピー性皮膚炎の多くは、遺伝的な要素が関与しています。

症状しきりに体をかく

激しいかゆみが起こるために、足でしきりに体を引っかいたり、口でなめたりします。
その結果、フケが増えたり、被毛が抜けたり、皮膚が傷ついたり、ただれたりします。
特に症状が見られる部位は、耳や目のまわり、関節の内側、四肢のつけ根などです。
多くは、生後1年から3年の間に発症します。
花粉やダニが多い春から秋にかけてなど、特定の季節に症状が起こるケースと、季節に関係なく症状が起こるケースとがあります。
なお、季節性の場合であっても、病気が進行することによって、症状が一年中起こるようになります。

治療法

治療は、副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)や抗ヒスタミン薬を用いて、炎症やかゆみを改善させます。
また、ダニやほこりがアレルゲンとなっている場合には、犬の生活スペースを掃除します。
花粉がアレルゲンとなっている場合には、庭などにある原因植物を除去します。
なお、アレルギーテストによりアレルゲンを特定して、生活環境からできるだけアレルゲンを排除することも大切です。


チェック関連病気

アトピー性皮膚炎接触性アレルギー食物性アレルギーノミアレルギー性皮膚炎ニキビダニ症疥癬症ツメダニ症マダニの寄生膿皮症皮膚糸状菌症内分泌性皮膚炎脂漏症皮膚がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.