犬の腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因について詳しく解説
トップ腫瘍(ガン)>腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因

腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因【ワンちゃんの医学マニュアル】

腫瘍の仕組み

腫瘍は、細胞の増殖にかかわる遺伝子の異状によって発生します。
髪や爪が一定の速さで伸びたりするように、細胞によって分裂して増えるスピードは、その細胞ごとに決まっています。
この分裂して増えるスピードは、遺伝子(いでんし)に書き込まれていますが、何らかの要因によって、増殖にかかわる遺伝子に傷がついたり、変質したりしてしまうと、細胞は無秩序に分裂と増殖を繰り返してしまいます。
この無秩序に分裂と増殖を繰り返した細胞のかたまりを腫瘍といいます。
腫瘍には、「良性(りょうせい)」と「悪性(あくせい)【ガン】」があります。
良性腫瘍は、他の部位に転移したり、組織の奥深くに入り込んだりはしません。
その場所だけで、ゆっくりと大きくなるため、周辺にある臓器を圧迫するなどの問題はありますが、命にかかわることはありません。
ただし、悪性腫瘍は、組織の奥深くに入り込んで臓器の働きに大きな障害を与えたり、他の臓器に転移して正常な細胞の機能を失わせ、最後には命を奪います。

腫瘍ができる要因

遺伝的によって腫瘍が発生したり、生活環境によって腫瘍が発生するなど、原因は様々です。
いくつかの原因が複合して腫瘍が発生するケースもあります。

腫瘍ができる主な要因
腫瘍が発生する主な原因 要因の説明
遺伝 人為的な交配の結果、ガンを発症しやすい遺伝子を持ってしまうことが原因です。
ウィルス 何らかの原因によって免疫力が低下してしまい、ガンに関与するといわれるウィルスに感染してしまうことが原因です。
化学物質 タバコの煙、自動車の排気ガスなどの化学物質に含まれる、発がん性物質を吸い込むことによって、ガンが発生するケースがあります。
紫外線・放射線 紫外線や放射線(エックス線)は、細胞にダメージを与えるため、皮膚癌のリスクを高めます。
ストレス 強いストレスによって、ガン細胞に対抗する抵抗力が低下することによって、ガンが発生するケースもあります。
生活環境 栄養が偏った食餌や、運動不足など、日頃の生活習慣によって、ガンを発生させることがあります。
ホルモン 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)精巣腫瘍(せいそうしゅよう)などのガンは、性ホルモンが関与しているケースもあります。
老化 加齢による老化によって免疫機能が低下すると、細胞が傷つきやすくなるため、ガンの発症率は高くなります。

チェック関連病気

肛門周囲腺腫腺ガン肥満細胞腫扁平上皮ガン脂肪腫上皮腫腺腫骨肉腫軟骨肉腫骨腫悪性黒色腫線維肉腫エプリス胃ガン肝臓ガン直腸ガン平滑筋腫子宮ガン精巣腫瘍乳腺腫瘍悪性リンパ腫白血病


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.