犬の皮膚の腫瘍を紹介。肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
肛門周囲腺腫について詳しく解説
トップ腫瘍(ガン)皮膚の腫瘍>肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)

【悪性腫瘍】
肛門の周囲にあり、臭い物質などを分泌(ぶんぴつ)する細い腺を「肛門周囲腺」といいますが、この肛門周囲腺にできた腫瘍のことです。
腫瘍の多くは、肛門付近の被毛の少ない部分にでき、小さな丸状の黒っぽいかたいかたまりのようなものが見られます。
このかたまりは、皮膚を貫通して破裂するケースもあり、破裂した場合には、しきりにお尻をなめる行動が見られます。
特に多く見られるのは、7歳以上の去勢(きょせい)していないオスです。
チェック去勢とは、オスの場合では精巣(睾丸)、メスの場合では卵巣や子宮など、生殖に必要な部位を切除して、繁殖不能な状態にすることです。

病気の原因男性ホルモン

男性ホルモンの影響で発症すると考えられています。

症状肛門周囲のしこり・排便障害

肛門の周囲にある「肛門周囲腺」に丸くて硬いしこりができます。
違和感から、犬はしきりにお尻をなめるようになります。
病気が進行すると、腫瘍が大きくなり、排便が困難になります。
さらに病状が進行すると、しこりが破裂して潰瘍(かいよう)状になり、細菌感染を起こして化膿するケースもあります。

治療法手術

治療は、手術をおこなって腫瘍を切除します。
ただし、再発する可能性が高いため、手術後も定期的な受診が必要です。
早期発見が、手術のリスクを減らすポイントです。
なお、腫瘍を切除する手術とともに、去勢手術も同時におこないます。

病気予防去勢

肛門周囲腺腫を予防するには、去勢手術をおこなう必要があります。
若犬のうちに去勢することで、肛門周囲腺腫を発症する確率は低くなります。

腫瘍の仕組みと要因

腫瘍は、「これが原因」というような、どれか一つの原因で起こるというわけではなく、いくつもの原因が重なり、長い期間をかけて発症すると考えられています。
そのため、年齢を重ねるとともに、ガンの発症率は高くなります。
チェック腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因


チェック関連病気

肛門周囲腺腫腺ガン肥満細胞腫扁平上皮ガン脂肪腫上皮腫腺腫骨肉腫軟骨肉腫骨腫悪性黒色腫線維肉腫エプリス胃ガン肝臓ガン直腸ガン平滑筋腫子宮ガン精巣腫瘍乳腺腫瘍悪性リンパ腫白血病


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.