犬の腫瘍(ガン)を紹介。「胃ガン」や「肝臓ガン」など犬の腹部の臓器に発症する腫瘍を詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の腹腔の腫瘍について紹介
トップ腫瘍(ガン)>腹腔の腫瘍

犬の腹腔の腫瘍【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の腹腔の腫瘍

腹部の中にある、胃や腸などの様々な臓器にできる腫瘍です。
発症初期段階では、特に目立つ症状は見られず、ガンが進行するのに伴って、「元気がなくなる」、「食欲がなくなる」などの全身症状があらわれるようになります。
その他にも、腫瘍の種類によっては、特異的な症状があらわれるケースもあります。
基本的な治療方法は、腫瘍と腫瘍周辺の組織を切除する手術が一般的です。
ただし、腹腔の腫瘍は、ある程度ガンが進行してから発見されるケースが多いため、手術後には、抗がん剤による治療や、放射線治療などを加えるケースが多い傾向にあります。
チェック腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因

胃ガン【悪性】

チェック胃ガン

肝臓ガン【悪性】

チェック肝臓ガン

直腸ガン【悪性】

チェック直腸ガン

平滑筋腫(へいかつきんしゅ)【良性】

チェック平滑筋腫(へいかつきんしゅ)


チェック関連病気

肛門周囲腺腫腺ガン肥満細胞腫扁平上皮ガン脂肪腫上皮腫腺腫骨肉腫軟骨肉腫骨腫悪性黒色腫線維肉腫エプリス胃ガン肝臓ガン直腸ガン平滑筋腫子宮ガン精巣腫瘍乳腺腫瘍悪性リンパ腫白血病


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.