犬の腫瘍(ガン)を紹介。「腺ガン」や「肥満細胞腫」など皮膚に発症する腫瘍を詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の皮膚の腫瘍について紹介
トップ腫瘍(ガン)>皮膚の腫瘍

犬の皮膚の腫瘍【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の皮膚の腫瘍

皮膚の腫瘍(しゅよう)は、乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)に次いで多く見られる腫瘍です。
悪性と良性の両方が存在しますが、見た目では区別することはできません。
見られる症状によっては、皮膚病と見誤るケースもあるので注意が必要です。
くれぐれも、飼い主が勝手に判断するようなことはしないようにしてください。
皮膚の腫瘍は、患部を手で触ると、コリコリとしたしこりのようなものを感じます。
その他にも、皮膚の表面がただれているケースや、握りこぶし大のできものがあるケースもあります。
皮膚の腫瘍の治療は、基本的に手術をおこなって切除します。
特に悪性の可能性が高い腫瘍に関しては、病巣だけではなく、病巣周辺を大きく切除します。
他の臓器などに転移がない場合には、切除手術をおこなうことで完治します。
チェック腫瘍の仕組みと腫瘍ができる要因

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)【悪性】

チェック肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)

腺ガン【悪性】

チェック腺ガン

肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)【悪性】

チェック肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)

扁平上皮ガン(へんぺいじょうひがん)【悪性】

チェック扁平上皮ガン(へんぺいじょうひがん)

脂肪腫(しぼうしゅ)【良性】

チェック脂肪腫(しぼうしゅ)

上皮腫(じょうひしゅ)【良性】

チェック上皮腫(じょうひしゅ)

腺腫(せんしゅ)【良性】

チェック腺腫(せんしゅ)


チェック関連病気

肛門周囲腺腫腺ガン肥満細胞腫扁平上皮ガン脂肪腫上皮腫腺腫骨肉腫軟骨肉腫骨腫悪性黒色腫線維肉腫エプリス胃ガン肝臓ガン直腸ガン平滑筋腫子宮ガン精巣腫瘍乳腺腫瘍悪性リンパ腫白血病


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.