犬の耳の構造や仕組みを紹介。犬の耳の構造や耳の仕組みについて詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の耳の構造や耳の仕組みについて詳しく解説
トップ耳の病気>犬の耳の構造と仕組み

犬の耳の構造と仕組み【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の耳の構造と仕組み

犬にとって聴覚は、周囲の情報を得るための、非常に重要な感覚のひとつです。
この聴覚情報を得る器官である耳は、音を集める「耳介(じかい)」、耳の入り口近くの「外耳道(がいじどう)」、鼓膜(こまく)の奥にある「中耳(ちゅうじ)」、そのさらに奥にある「内耳(ないじ)」に分けられます。

犬の耳の構造

耳は、外側から、「外耳」、「中耳」、「内耳」に分けられます。

外耳には、「耳介」と「外耳道」があります。
頭から飛び出している部分が耳介で、耳介から中耳へと続く道が外耳道です。

中耳には、外耳と中耳を仕切る「鼓膜」と骨でできた「耳小骨(じしょうこつ)」があります。

内耳は、中耳の奥にある「蝸牛(かぎゅう)」と「半規管(はんきかん)」などによって構成されるています。
チェック内犬の耳の構造を詳しく見る

外耳道に入った音は、鼓膜の振動となって伝えられ、中耳に入って振動が調節されます。
調節された振動は、さらに奥の内耳に入り、神経信号に変換されて脳へと伝えられます。


チェック関連病気

外耳炎中耳炎内耳炎耳血腫耳疥癬


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.