犬の椎間板の構造と仕組みを紹介。犬の椎間板の構造や椎間板の仕組みについて詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の椎間板の構造や椎間板の仕組みについて詳しく解説
トップ脳と神経の病気>犬の椎間板の構造と仕組み

犬の椎間板の構造と仕組み【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の椎間板の構造と仕組み

椎間板は、線維輪(せんいりん)という部分と、その中にあるゼリー状の髄核(ずいかく)によって構成されています。
椎間板は衝撃を緩和するクッションの役目を果たしています。

犬の神経の構造

椎間板は、脊椎(せきつい)を形成する椎骨(ついこつ)と椎骨の間にあります。
椎間板の中心部は液状で、その周囲は線維輪(せんいりん)で囲まれています。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.