犬の神経の構造と仕組みを紹介。犬の神経の構造や神経の仕組みについて詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の神経の構造や神経の仕組みについて詳しく解説
トップ脳と神経の病気>神経の仕組みと構造

神経の仕組みと構造【ワンちゃんの医学マニュアル】

神経の仕組みと構造

脳からの指令を全身の組織に伝える役割や、全身からの情報を脳に送る役割を担っている器官が「神経」です。
神経系は、「大脳(だいのう)」、「小脳(しょうのう)」、「脊髄(せきずい)」、「末梢神経(まっしょうしんけい)」に分けられます。

脳から出ている神経の束が「脊髄」です。
脊髄は脊椎の中を通っています。
そして脊髄から枝分かれして、体の各部位に張り巡らされているのが「末梢神経」です。
神経細胞と神経細胞の間では、「神経伝達物質」という物質が、様々な情報を伝えています。

神経系は非常にデリケートであるため、神経に障害を受けてしまうと、たとえ小さな障害であっても、体の働きに大きな影響を与えてしまいます。
神経に異常が起こると、「足をひきずる」、「歩行困難」、「痙攣(けいれん)」などの症状があらわれます。

犬の神経の構造

皮膚や耳などの感覚受容器が外からの刺激をキャッチすると、その情報は電気信号で末梢神経から脊髄を経て脳へと伝わります。
脳からの行動命令は、脊髄から末梢神経を経て全身へと伝わります。
この一連の流れが瞬時におこなわれるため、刺激に対して敏感に反応することができるのです。


チェック関連病気

てんかん水頭症小脳障害椎間板ヘルニア変形性脊椎症ホーナー症候群前庭疾患頸椎すべり症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.