犬の泌尿器の構造や仕組みを紹介。犬の泌尿器の構造や泌尿器の仕組みについて詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の泌尿器の構造や泌尿器の仕組みについて詳しく解説
トップ泌尿器の病気>犬の泌尿器の構造と仕組み

犬の泌尿器の構造と仕組み【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の泌尿器の構造と仕組み

泌尿器は、血液をろ過して、体内で不要となった老廃物を尿中へと排出する器官です。
その他にも、体内の水分やミネラルなどのバランスを調整する役割も果たしています。

泌尿器の病気は、腎臓から尿道までの経路のどこかで起こります。
多くは、尿や体内の水分異常として症状があらわれます。

犬の泌尿器の構造

泌尿器は、「腎臓(じんぞう)」、「輸尿管(ゆにょうかん)」、「膀胱(ぼうこう)」、「尿道(にょうどう)」によって構成されています。
腎臓は、左右に一つずつあり、それぞれの腎臓から輸尿管が延び、膀胱へと続いています。
膀胱からは、尿道が延びています。
尿道では、オスでは「ペニス(陰茎【いんけい】)」、メスでは「外陰部(がいいんぶ)」が泌尿器の末端部分になり、尿を排泄します。


チェック関連病気

急性腎不全慢性腎不全尿毒症腎炎腎盂腎炎間質性腎炎水腎症ネフローゼ症候群膀胱炎尿路結石症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.